ねずみ超音波で追い払う

ねずみはいろいろなところに生息しており、山だけでなく下水やビル、家の屋根裏などに生息するものがあります。


家の中には小さな隙間を見つけて侵入してきます。また配管や配線からも侵入することがあります。



ねずみは夜行性であり雑食性なのでゴミなどを荒らされてしまいます。


何でもかじる習性があるため家の家具や建材もかじられて傷だらけになるということもあります。

このようなねずみ被害を最小限に抑えるためには早めに退治する必要があります。
しかしねずみは夜行性ということと警戒心が強い、学習能力も高いことなどから退治するのに時間が掛かってしまうことが多いのです。


そして繁殖力が高いということもありねずみはすぐに数を増やすことにもなります。


ねずみの体に寄生しているダニやノミの被害や異臭や屋根裏の騒音被害も発生することもあり早めに退治します。ねずみ退治にはエサを与えないことと、巣を作らせないこと、そしてねずみを追い出すということです。
エサを与えないようにするためには生ゴミはフタがついた容器に入れるようにします。


巣を作らせないためには新聞や雑誌、衣類など持ち運ばれないようにすることです。



ねずみ退治にはねずみ超音波を使用する方法があります。ねずみ超音波というのはねずみにストレスを与え続けて追い出すという方法です。
ねずみ超音波はコンセントを通じて配線からも作用するのです。



すぐに効果が現れるわけではありませんが時間をかけて追い出すという効果が期待できるのです。